市川 亀治郎 さん

プロフィール

市川 亀治郎 さん
(歌舞伎俳優)

昭和50年11月26日生まれ。市川段四郎の長男。伯父に三代目市川猿之助、祖母には女優高杉早苗がいる。俳優の香川照之は従兄弟にあたる。
1980年7月歌舞伎座『義経千本桜』の安徳帝で初お目見得。1983年7月歌舞伎座『御目見得太功記』の禿(かむろ)たよりで二代目市川亀治郎を名のり初舞台。
2002年、自身の勉強会「亀治郎の会」を主宰するなど意欲的に活動。
2005年7月歌舞伎座 蜷川幸雄演出『NINAGAWA十二夜』、2006年3月パルコ歌舞伎 三谷幸喜演出『決闘!高田馬場』などの新作でも才能を遺憾なく発揮する。2006年ロンドン、アムステルダム公演で市川海老蔵と踊った『色彩間苅豆』で、英国ローレンス・オリビエ賞最優秀ダンス賞にノミネートされた。
2007年、テレビ初出演のNHK大河ドラマ『風林火山』で武田信玄を見事に演じ、映像のジャンルにも進出、TV・映画など活躍は多岐にわたる。
2008年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

閉じる