本展のみどころ

エコプロダクツ展で わかる!見つかる!体験できる!

ビジネスと環境の「いま」がわかる

生物多様性ゾーン

生物多様性ゾーン今年10月に名古屋で開催された「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」の開催を受け、生物多様性とは何か、生物多様性を保全するためにはどうすればよいか、などをわかりやすく解説するゾーンを設置します。
企業や自治体が生物多様性の維持に取り組む先進的な活動や、ビオトープを通して自然と触れ合うことの大切さなどを紹介します。
※ワークショップ「マイ竹箸作り」は、
10日(金)15:40-16:00の1回、
11日(土)12:20-12:40、15:40-16:00の2回となります。

未来の低炭素都市ゾーン

政府の環境モデル都市に選定された都市や低炭素都市づくりに貢献する団体・企業が出展。低炭素都市づくりに向けた取り組みの紹介や低炭素化を通じた新たなビジネスモデルの提案などを行います。

三井住友フィナンシャルグループ 環境ビジネスフォーラム

三井住友フィナンシャルグループ 環境ビジネスフォーラムエコビジネスの商談会やお客様によるブース展示に加え、当グループ各社の環境ソリューションメニューを紹介します。エコビジネスのヒントを探してみませんか?

詳細はこちら

eco japan cup 2010

eco japan cup 2010「日本発、世界の経済をエコ化する!」をテーマに、環境共生・循環型社会を再生し、健やかで豊かで美しい “eco japan”の実現と、環境と経済の好循環を目的としたコンテストで、今年6年目を迎えます。会場では、受賞作品や企業の展示発表、ステージでのライブなどを行います。

日経エコロジー/日経BP環境経営フォーラム スクエア

日経エコロジー/日経BP環境経営フォーラム スクエア「日経エコロジーと日経BP環境経営フォーラムが共同で企業、大学、自治体などの環境メッセージ発信の場を設置します。メインのセミナー会場では、期間中日替わりで企業事例を中心とした幅広い内容のプレゼンテーションを実施。併設の展示ゾーンでは、環境と自然に関する写真展示、最新エコプロダクツのタッチ&トライなどもご体験いただけます。

詳細はこちら

バイオプラスチックパビリオン

バイオプラスチックパビリオン植物など有機性資源由来のバイオマスプラスチックと、使用後に自然界の微生物の働きで分解される生分解性プラスチックを扱う素材、加工品、関連製品メーカーが多数出展します。
本パビリオンの出展者と会場で商談をご希望される来場者の方向けに、アポイントをオンラインで取ることができるシステムを導入しました。詳細は下記のボタンをクリックしてください。

詳細はこちら

スマートコミュニティゾーン

低炭素社会の実現に向けて国際的に取り組みが広がっています。その解決方法のひとつとしてエネルギーシステムのパラダイムを変革するシステムである「スマートコミュニティ」や「スマートハウス」への関心が高まっています。ここでは新時代における企業や国民生活とのかかわりの中で新しいサービスやシステムの一部を紹介します。

大学の環境対策推進コーナー

大学の環境対策推進コーナー効率的な環境設備投資や、学内の環境マネジメント構築、教職員や学生と連携した環境活動などの事例を紹介。現在の大学が抱えている環境問題の解決に向けた、出展者・来場者双方の情報交換の場とします。12月10日(金)には関連シンポジウムを開催します(会場:東6ホール会議室、受講無料)。

詳細はこちら

NPO・NGO/大学・教育機関コーナー

NPO・NGO/大学・教育機関コーナー「NPO・NGOコーナー」では、94の団体が温暖化防止・生物多様性など10のテーマに分かれて日頃の活動を紹介。社会全体を変えていこうとする動きを体感、新たな気づきやネットワークが生まれます。「大学・教育機関コーナー」では、それぞれの学校が学術研究や教育プログラム、学内外での環境活動などを展示します。小・中・高校からの出展も増えています。

NPO・NGOコーナー 出展一覧

大学・教育機関 出展一覧

「環境」就職・進路相談会

「環境」就職・進路相談会環境の仕事を希望する学生・第二新卒の人は注目! 実際に環境の仕事に携わる社会人が、仕事内容や職場環境、キャリアなどみんなの疑問に率直に答えてくれる相談会を開催します。より広い視野で「環境」や「就職」をとらえ、将来の進路を考えてみませんか?

詳細はこちら

エコプレゼンテーションステージ ネットワークステージ

エコプレゼンテーションステージ ネットワークステージエコプロダクツや環境技術の使い方・応用、製品開発から、社会貢献活動、エコな暮らし方のちょっとしたコツまで、幅広い知識を得るための15分。3日間のプログラムから、受けたいものをチェック!

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

来場者事前登録は受付を終了いたしました

今日から始めるエコライフ

エコモビリティゾーン

エコモビリティゾーン他の交通機関と使い分けすることにより、環境に優しい自転車と路面電車・LRT(Light Rail Transit)。その効果は環境だけではなく、自転車を活用することにより地域のまち興しにも役立っています。観光地などで自転車を目玉に観光客を誘致している姿や、その他の自転車活用事例を分かりやすく紹介。また、人と環境に優しく、自動車に頼らず暮らしやすい街をつくる路面電車・LRTを紹介します。

電動アシスト自転車体験コーナー

電動アシスト自転車体験コーナー【開催時間】
12月9日(木)・10日(金)
  11:00~16:00
11日(土)
  11:00~15:00
※雨や荒天時(強風、降雪など)には
  開催を中止します。
※試乗には身長制限があります。

詳細はこちら

エコロジカルリビング2010

エコロジカルリビング2010生活を営む基盤である住まい。それは、生活の質と豊かさ、そして地球環境に大きく影響を与えます。環境共生という共通目標への取り組みの中で、温室効果ガスの削減、環境負荷を抑えるための知恵などを紹介し、「人にも地球にも優しい住まい方」へアプローチします。

詳細はこちら

ジュニアグリーンスクール

ジュニアグリーンスクール参加企業や団体が行う環境活動を通して、楽しみながらエコを学ぶ特設テーマゾーン。 40分の体験型授業の「エコプロ教室」と、活動事例を紹介した「ブース展示」によって、 小中高生を中心とした来場者に「気づき」や「発見」の情報を発信します。

詳細はこちら

エコラボレーションプラザ

エコラボレーションプラザ「生物多様性について知る・保全アクションに参加する」、「省エネ家電の理解を深める・ワークショップに参加する」参加体験型の2つのゾーンを展開します。体験型の企画やステージを通じて、小中学生や一般消費者の方を対象に、生物多様性や家電製品の省エネ化について、分かりやすく紹介します。

詳細はこちら

グリーンストアーズ

グリーンストアーズエコロジカル、フェア、安全などのイメージを持つ「グリーン」をテーマにした、作り手と買い手の距離が近く、賑やかなマルシェが広がるエリア。ファッション、コスメ、ライフスタイルを提案する雑貨などのグッズを、実際に試したり購入したりすることができます。

詳細はこちら

環境コミュニケーションステージ

環境コミュニケーションステージ会場内に設置されたステージでは、環境に関するトピックをゲストの楽しいトークショーやライブで紹介します。新しい環境への取り組みや、エコクッキングなど暮らしの中からの様々なエコ提案を発信していきます。

詳細はこちら

日経コーナー

日経コーナー環境教育を支援する企業の紹介やオリジナル新聞作りを体験できるコーナーです。日本経済新聞社の環境問題に関する取り組みや、今年創刊した「日本経済新聞電子版」も紹介します。

エコごはんとスイーツ

エコごはんとスイーツ美味しいごはんとスイーツでほっと一息。今年もオーガニック食材や国産の旬な素材を使用したエコ弁当10種類以上をはじめ、サラダ、スイーツ、ドリンクなど、こだわりの逸品が勢ぞろい。お弁当箱やマイカップとして持ち帰られる容器を使用した 限定メニューもあります。また、会場内に飲食エリアとしてもう一か所、温かいハンバーグを提供するハンバーグレストランを設置しています。

詳細はこちら

森林からはじまるエコライフ展2010

森林からはじまるエコライフ展2010森林には、CO2を吸収して温暖化を防止したり、動植物の生息地として生態系を維持するチカラがあります。このコーナーでは、森づくりや木製品利用の推進、環境教育や都市山村交流など、元気な森を取り戻すための活動を紹介します。 2011年は「国際森林年」です。ひと足早く、森林の息吹を感じてみませんか。

出展者一覧

エコカー&ベロタクシー乗車体験

エコカー&ベロタクシー乗車体験電気自動車や水素で走る燃料電池車など、魅力的なエコカーに同乗して有明周辺を約3km走行する体験型の企画です。また、ベロタクシー(自転車タクシー)の同乗体験もできます。

詳細はこちら

エコツアー

エコツアー●会場内エコツアー
「どこから回ったらいいかわからない」「気になる分野を効率的に回りたい」という人にオススメの会場内エコツアー。「エコ入門」や「エネルギー」など6つのテーマごとに、環境のスペシャリストが会場内の見どころや回り方のヒントをご案内します。

詳細はこちら

●エコプロエコキッズ探検隊
小中学生向けの会場内ツアー。「自然」「3R」など5つのコースをご用意。最後に見学したことを自分たちでまとめます。

詳細はこちら

●英語・中国語・韓国語ツアー
海外来場者向けに、それぞれの言語で会場内を解説するツアー。
ドクタートミーの生物多様性ツアー●ドクタートミーの生物多様性ツアー
エコプロダクツと生物多様性との関わりは?生きもの博士・ドクタートミーこと富田京一先生がじっくり解説。

日時:12月9(木)、10(金)、11(土)
時間:13:00~
所用時間:60分程度

自然観察会●自然観察会
都市公園で自然と触れ合い「生物多様性」を実感する「自然観察会」。今回はじっくり観察できる「葛西臨海公園コース」と東京ビッグサイトに隣接する「水の広場公園コース」があります。

詳細はこちら

●リサイクル工場見学会
会期中にリサイクルプログラムの中間処理業者である高俊興業(大田区城南島)の工場見学を実施します。廃棄物が品目ごとに手選別で分別され、再資源化ルートに乗るまでの工程をご覧いただけます。
※東京ビッグサイトからバス(無料)での移動になります。

日程:12月9日(木)、10(金)
時間:10:30~、13:30~(2時間程度・バスの移動時間含む)
内容:リサイクルプログラムの取り組みやリサイクル率等の説明、工場内見学、質疑応答

お休み処 企画展示