職場の健康づくり・ヘルスケア

職場の健康づくり・ヘルスケア

誰もが人生を最期まで幸せに生ききることができる「生涯現役社会」構築に向け、 健康経営を強力に推進するとともに、健康増進や社会参加について取り組んでいきましょう。
※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

本企画は、「職場の健康づくり」について考えながら、SDGsの2030年ゴールを目指す企画です。
SDGsの17の目標のうち、2つのゴール、ターゲットに基づきます。

●関連するゴールとターゲット●

logo_20181203_1.jpglogo_20181203_2.jpg

★労働人口が少なくなる今、健康経営の導入が重要なポイントです

我が国は、医療制度を始めとする社会保障制度の充実等により世界に冠たる健康長寿国となりました。国民の平均寿命は80歳以上となり、「人生100年時代」も間近となっています。人口構成は大きく変化し、高齢化率は世界最高水準までに高まってきています。
一人ひとりが健康を管理し維持することは、理想の成熟社会を実現する鍵となります。
自らの健康に責任を持ち、自発的な健康行動を起こしていくためのヒントを、ここで見つけてください。

協力:
日本健康会議

ゾーン内出展者:
●住友生命保険 ●FROM PLAYERS(イトーキ、Campus for H、サントリービバレッジソリューション、シマノ、スノーピークビジネスソリューションズ、セノー、タニタヘルスリンク、ユニバーサル園芸社、ルネサンス) ●VOYAGE ●ルネサンス

企画に関連するステージ

◎12月7日(金)11:30-13:10 【エコ&SDGsステージ・S-06】

健康経営をイノベーションの力に。健康投資市場創出

健康経営を、指標に沿って戦略的に進める企業が増えています。健康経営が外部経済とつながる事例を紹介し、ヘルスケア、エイジング領域におけるイノベーションの可能性について探ります。SDGsのゴール3「すべての人に健康と福祉を」と、ゴール8「働きがいも経済成長も」につながる、世界一の超高齢化社会・日本の持続可能性と発展を考えるステージです。「スポーツSDGs」もご紹介します。

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課長 西川 和見 氏
ルネサンス 健康経営推進部 次長/健康経営会議実行委員会 事務局長 樋口 毅 氏
スポーツ庁 国際課長 粂川 泰一 氏

◎12月8日(土)12:30-13:10  【イベントステージ・IS-15】

うんこで分かる生産力向上 〜体調不良による企業損失を考えよう〜

子供の頃の「うんちをすることは大事だよ」という教えは、社員の健康や職場の生産性低下に悩む大人にとっても大切な日常生活のヒントです。仕事による体調不良「プレゼンティズム」。休職には至らないけれど、この症状から来る生産性低下の影響が、今話題を呼んでいます。15歳で難病「潰瘍性大腸炎」を患い、19歳で大腸全摘出し、 現在医師、そしてうんこ学会会長でもある立場から、日常生活で出来る「病気の早期発見方法」、世のビジネスマンに伝えたいことをご紹介します。

秋葉原内科saveクリニック共同代表、日本うんこ学会会長 石井 洋介 氏

PAGE TOP