テーマゾーン・企画展示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エシカルランド&エシカル・ライフゾーン

ethical.jpg「エシカルランド」は環境や社会に配慮した消費や暮らし方「エシカル」を楽しく学べるテーマパーク。美容やファッションなど、人も地球も美しくなるライフスタイルのヒントがあふれています(主催:日本エシカル推進協議会)。エシカル製品を扱う企業ブースも隣接出展しエシカル・ライフゾーンを構成します。

(会場:東3ホール)

エシカル・ライフゾーン 出展者一覧はこちら

テーマ展示「エシカルランド」

主催:日本エシカル推進協議会

ブース出展企業:
三陽商会、パタゴニア、ラッシュジャパン、ワンプラネット・ペーパー協議会

協賛企業:
コニカミノルタビジネスソリューションズ、積水化学工業、豊島

 協力企業:
花王、小林メリヤス、興和、新藤、千趣会、玉の肌石鹸

【エシカルランド内ブース紹介】

Worn Wear ワークショップ

パタゴニア

着古した思い出のつまったウェアをご持参ください。新たにオリジナルプリントを施し、Worn Wearとしてさらに長く使用することでストーリーを重ねましょう。「新品よりもずっといい」という価値観を共有しながら世の中の消費のあり方について一緒に考えませんか。さらにウェットスーツの生産過程で発生してしまう端切れをアップサイクルしてオリジナル小物を作成できるワークショップも同時開催します。

残反を使ったアップサイクルワークショップ~クリスマスオーナメントづくり☆

三陽商会

もうすぐクリスマス。洋服づくりの過程でどうしても出てしまうサンプル生地の残りなど、使わなくなった生地やリボン、ビーズを使ってツリーにかざるオーナメントを作るワークショップです。
毎日5回(11:00~/13:00~/14:00~/15:00~/16:00~)実施。各回10名、先着でご参加いただけます。ワークショップに参加できなかった方にはオーナメントの型紙とお好きな生地を差し上げます。残反の有効利用を通して、服を大切に長く着ることやものをつくる楽しさを感じてみませんか?

1枚の紙で世界を救う?エシカル・バナナペーパー!

ワンプラネット・ペーパー協議会

ムリ ブワンジ!(ザンビアの言葉で「ご機嫌いかが?」)
アフリカ・ザンビアのオーガニックバナナの繊維と、日本の越前和紙の技術で生まれた、エシカル・バナナペーパーをご紹介します。あなたも、まずは1枚の紙からエシカルライフを始めてみませんか?ブースではバナナペーパーで作られた製品の展示や、マスキングテープやノート、アニマルクラフトなどの販売も行います。ブースに来場された方には、これからの季節にぴったりのクリスマス☆バナナカードをプレゼント。
Be Serious, Go Bananas!をモットーに、真面目に、そして楽しく、アフリカンスタイルでご来場をお待ちしております。

買い方を変えると未来が変わる

ラッシュジャパン

未来を変える「買い方」とは、商品を買う消費者と、責任を持って商品を製造する企業が一緒に取り組んでこそ実現できるものです。原材料が生産された地域と環境にポジティブな影響をもたらして作られた商品や、オリジナル風呂敷を使ったワークショップを随時開催致します。

 

【エシカルランド内セミナー紹介】

12月10日(木)  12月11日(金)  12月12日(土)

すべて無料で、どなたでも参加できます。一部を除き、事前申込も受け付けています(「イベントレジスト」のセミナー参加フォームをご利用ください)。

btn_sympo.jpg

12月10日(木)

【E-1】10:30-11:30

「プラネット・ブルー~『藍染』の神秘~」

Tatz Miki氏(インディゴ・アーティスト)

生駒 芳子氏(ファッションジャーナリスト)

人類史上最も古い染料のひとつ、インディゴ。宇宙に浮かぶ銀河のような輝きと生命のパワーにあふれる藍の姿に衝撃を受け、「未来の染料」だと直感を受け、インディゴ・アーティストとなったTatz Miki氏が、インディゴの歴史と現状、未来、エシカルの意味合いについて話します。

 

【E-2】13:00-14:30

「動物キャラクターになって"エシカル"白熱会議 次は何を解決しよう!」

イアン氏(ヌールエ デザイン総合研究所代表、CLM開発者)

修行 憲一氏(ビジネスプロデューサー)

「どうせ私なんか...」「自分で考えろと言われても何をしたらいいかわからない...」など、一歩前に踏み出せない《今のワタシ》の発想をチェンジしたい。CLMワークでは、閃きの源泉「動物脳」にアクセスする思考回路の開拓をとおして、一歩前に進める《新しいワタシ》をクリエイトします。

 

15:00-16:00

「ネイルを通じた難民支援事業とは」

岩瀬 香奈子氏(ネイルサロン「アルーシャ」代表取締役)

アルーシャは「難民が手に職つけて自立できること」を応援しています。難民はネイリストとして自立し、難民と触れ合うことのない日本人には「キレイになって社会貢献」に参加していただきたいと考えています。

 

【E-3】16:30-17:30

「食べ方は生き方 ~オーガニック、食育、エシカル、そしてオリンピックとの親和性」

山口 タカ氏(や組 代表/(一社)オーガニックヴィレッジジャパン理事 事務局長/クリエイティブディレクター)

オーガニックがライフスタイルになり、食育が草の根活動的に全国に浸透していると取材を通じて実感しています。そして、エシカルが価値観として誕生しています。どれもが互いに親和性を強く感じています。
また2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、オリンピックレガシーを具体化する「フードビジョン」が2017年に発表されます。
これからの5年間で、オーガニック・食育・エシカルとオリンピックの親和性がどんな化学反応を起こすか注目です。

 

12月11日(金)

【E-4】10:30-11:30

「ビッツ・ビッツ・オーガビッツ」

中村 洋太郎氏(豊島 営業企画室)

健康な大地からオーガニックコットンを!
オーガニックコットンを使ってオーガビッツへ!
ちょっと地球に良いことをオーガビッツと。
「ファッションを楽しみながら少しずつでも地球環境に貢献し社会を良くする」豊島株式会社が推進するオーガビッツの活動をご紹介します。

 

【E-5】13:00-14:00

「笑顔が生まれるエシカル・サプライチェーン ~Lush×バナナペーパーで世界を変えよう!~」

黒澤 千絵実氏(ラッシュジャパン 調達資材担当)

ペオ・エクベリ氏(ワンプラネットペーパー協議会 会長)

末吉 里花氏((一社)エシカル協会 代表理事/フリーアナウンサー)

人や動物、自然環境の未来を変える「ハッピーな買いもの」は、消費者と企業が一緒に取り組むことでこそ実現できます。
エシカルで、持続可能なサプライチェーンを通して、生産者からお客様までの笑顔のつながりを具体的にお話します。

 

【E-6】15:00-16:00

「パタゴニアが考える企業の責任とは」

辻井 隆行氏(パタゴニア 日本支社長)

パタゴニアは「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」を社是に様々 な取り組みを行っています。 持続不可能な世界で企業が果たすべき責任とは何か、事例とともにお話します。

 

【E-7】16:30-17:30

「女性が本当に輝ける、エシカルな社会や働き方 ~仕事もプライベートも充実させるヒント~」
(協力:日経ウーマノミクスプロジェクト)

鈴木 敦子氏(環境ビジネスエージェンシー 代表取締役/環境リレーションズ研究所 理事長)

山口 真奈美氏(FEM/Control Union Japan 代表取締役/Ethical Life Advisor)

自分も社会も幸せであり続けるために。仕事・独立・結婚・育児など様々なターニングポイントで、私たちは常に選択を求められます。
女性の活躍やダイバーシティ経営が期待される時代で、どのように選びバランスをとっていけば良いのでしょう?
夢も仕事もプライベートも諦めず、幸せに本当に輝けるエシカルな社会や働き方のヒントを探ります。

 

12月12日(土)

【E-8】10:30-12:00

「エシカルランドから夢を語る ~エシカルランドに込めた想いと、ライフスタイルの未来~」

生駒 芳子氏(ファッションジャーナリスト)

坂口 真生氏(アッシュ・ペー・フランス「rooms」エシカルエリアディレクター/エコプロダクツ展「エシカルランド」ディレクター)

末吉 里花氏((一社)エシカル協会 代表理事/フリーアナウンサー)

杉山 香林氏(アンジュウシ 代表取締役/サスティナビリティ・プランナー)

竹村 伊央氏(EFJ代表)

原田さとみ氏(エシカル・ペネロープ代表/フェアトレード名古屋ネットワーク代表/日本フェアトレード・フォーラム理事)

山口 真奈美氏(FEM/Control Union Japan 代表取締役/Ethical Life Advisor)

エシカルランドを担当した各業界の専門メンバーが集まり、エシカルなライフスタイルのポイントをご紹介。
美容やファッションなど、「人も地球も美しくなるライフスタイルとは?」すぐに実践出来る生活のヒントから、「ビジネスにどう取り入れる?」「私たちの未来はエシカルな社会?」など、エシカル業界を切り開き創造していくためにはどうすれば良いのか、様々な事例やエリアに込めた想い、そして私たちが描く夢などを語ります。

 

【E-9】13:30-14:00

「1枚の紙で世界を救う?エシカル・バナナペーパー!」

ペオ・エクベリ氏(ワンプラネット・ペーパー協議会 会長)
ワンプラネット・ペーパー協議会パートナーより

アフリカのオーガニックバナナの繊維と、日本の越前和紙の技術で生まれたエシカル・バナナペーパー。
「Be Serious, Go Bananas!」をモットーに、真面目に、そして楽しく、世界の環境問題と貧困問題を解決するバナナペーパーについて紹介します。

 

【E-10】15:00-16:00

「身長115cmの生き方 ~未来につながるエシカル~」

後藤 仁美氏(イラストレーター&デザイナー)

多様性があたり前な世界へ。
生まれ持った個性に合ったライフスタイルやエシカルファッションについてお話します。
実際に手づくりした作品もお見せします。

 

【スピーカープロフィール】

tatz_miki_2015.jpgTatz Miki氏
インディゴ・アーティスト

y_ikoma_2015.jpg生駒 芳子氏
ファッションジャーナリスト

『VOGUE』『ELLE』を経て、2004年より『marie claire』の編集長を務める。2008年10月に退任。その後、ファッション雑誌の編集長経験を生かして、ラグジュアリー・ファッションからエコライフ、社会貢献まで広い視野でトピックを追い、発信するファッションジャーナリストとして活躍。

ian_2015.jpgイアン氏
ヌールエ デザイン総合研究所代表、CLM開発者

ヌールエ デザイン総合研究所代表。
1997年よりオリジナルコンテンツ「動物かんきょう会議」を総合プロデュース。2010年、NHK Eテレにてアニメシリーズ(全20話)全国地上波放送。2014年、環境省のESDモデルプログラム採択を契機に新企画「せかい!動物かんきょう会議」を発案。

k_syougyo_2015.jpg修行 憲一氏
ビジネスプロデューサー

ビジネスプロデューサー。ビジネスディベロッパー。起業家メーカー。
プロフェッショナル・アソシエイツ主宰。デジタルハリウッド大学准教授。
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業企画開発、介護会社立ち上げなどをを経て、株式会社ジェイブレイン設立。
『日本を元気にする』をテーマにひとづくり、仕事づくり、事業づくりに取り組む。ベンチャー企業立ち上げ、新規事業立ち上げ時にファウンダー、役員、事業推進者、メンターとしてビジネス立ち上げ推進。
今まで300人以上の起業家を輩出。著名人のビジネス開発など多数。将来、自分の意志で考え、行動できる、リーダー育成学校設立準備中。

kanako_iwase_2015.jpg岩瀬 香奈子氏
ネイルサロン「アルーシャ」代表取締役

大学卒業後、大手人材派遣会社に勤務。その後、外資系金融システム会社を経て、ベンチャー企業立ち上げに参画。2004年に英国ビジネススクールへ留学。帰国後、米系大手エグゼクティブ・サーチ・ファームに勤務し、2009年株式会社アルーシャを設立。2010年に難民ネイリストによるネイルサロンをオープンし、現在は、難民が講師を務める語学スクール、寄付型ショッピングサイトを運営する傍ら、文化庁受託の日本語講習事業を行う。

taka_yamaguchi_2015.jpg山口 タカ氏
や組 代表 
(一社)オーガニックヴィレッジジャパン理事 事務局長
クリエイティブディレクター

現在、オーガニック、アウトドア、食育をテーマに活動。2000年に「オーガニック電話帳」を創刊。現在第7版制作中。99年以来、オーガニックの普及をライフワークとして全国の有機農家やメーカーなど日本全国を取材し続け、オーガニックを広める活動を続けている。漫画「美味しんぼ」第101巻"食の安全"シリーズを"有機の水先案内人"としてコーディネート。

 

youtarou_nakamura_2015.jpg中村 洋太郎氏
豊島 営業企画室

2005年豊島株式会社に入社。メンズカジュアル衣料を扱う営業部署、東京総務部を経て2013年より現部署に所属。オーガニックコットン普及プロジェクト「オーガビッツ」を通して、地球環境の改善や社会貢献に取り組んでいる。


c_kurosawa_2015.jpg黒澤 千絵実氏

ラッシュジャパン 調達資材担当

peo_2015.jpgペオ・エクベリ氏
ワンプラネットペーパー協議会 会長

スウェーデン出身。NGO環境団体のリーダー、ジャーナリストを経て、1997年にOne World(ワンワールド)国際環境ビジネスネットワークを設立、日本全国で400回以上 環境問題の解決やサステナビリティについての講演、100回以上 コラム執筆、テレビやラジオの環境番組に出演・キャスター (例: NHKワールドのキャスター)。2008年、イギリスBBCのWEBページ Hero で、アル・ゴア元アメリカ副大統領やアルピニスト野口健氏と並び環境リーダーの一人として紹介される。 2011年春、フェアトレード紙作りとして、One Planet Cafeザンビアのチームと共にバナナペーパープロジェクトをスタート。5年間、 東京の武蔵野大学非常勤講師(環境政策論)。著書にエコライフのガイドブック「うちエコ入門」(2007年、宝島社、第3版)がある。15才と19才の時にサッカーのリフティングで世界記録を更新した。

rika_sueyoshi_2015.jpg末吉 里花氏
(一社)エシカル協会 代表理事/フリーアナウンサー

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターほか、司会や、レポーター、モデレーターもこなす。フェアトレードを中心に活動を展開し、日本全国の企業や高校、大学などで講演、各地のイベントでトークショーを行う。2010年よりフェアトレードコンシェルジュ講座を主宰。2012年より1% for the Planetアンバサダーに就任。2014年よりPeople Treeアンバサダーに就任。著者に『祈る子どもたち』(太田出版)。NPO法人FTSN(Fair Trade Students Network)関東顧問。消費者庁「倫理的消費」調査研究会委員、一般社団法人エシカル協会代表理事。

t_tujii_2015.jpg辻井 隆行氏
パタゴニア日本支社長

1968年東京生まれ。早稲田大学卒業後、大手自動車関連会社に勤務。
企業サッカー部に所属して25歳まで社会人リーグでサッカーを続ける。引退、退職後、浪人生活を経て早稲田大学大学院社会科学研究科に入学。専攻は地球社会論。研究テーマは「日本人の自然観」。修士課程終了後、シーカヤックショップ『エコマリン東京』に入店。柴田丈広氏に師事。
97年には2か月のキャンプ生活を送りながらカナダ西海岸バンクーバー島を一周(1,400km)。
2003年と2008年には、それぞれグリーンランドとパタゴニアで、フィヨルドカヤック&氷河滑降(スノーボード)の旅を楽しむ。現在は、米国のアウトドアブランド、パタゴニア日本支社長として勤務。
新しい資本主義のあり方を模索しつつ、自然に親しむ生活を送る。

atuko_suzuki_2015.jpg鈴木 敦子氏
環境ビジネスエージェンシー 代表取締役/環境リレーションズ研究所 理事長

大学時代に環境サークルを設立、サブゼミとして2年間研究を行う中で『環境の仕事』への就職を選択。以後、環境分野において様々な活動を展開。現在、NPO法人・株式会社を両輪に、産民の環境・CSR活動支援を行う。講演や企業等からの研修も数多く手がけ、より効果的かつ実践的なプログラムを提案、企業価値向上をサポートしている。
1992年、学習院大学法学部政治学科卒業。大手製紙会社に入社、のちに環境コンサルティング企業などを経て、独立。2003年9月にNPO法人環境リレーションズ研究所設立、理事長就任。同年12月、環境専門の経営コンサルティング会社設立に参加、取締役就任。2004年4月、小池百合子環境大臣(当時)の呼びかけで環境ビジネスウィメン懇談会へ参加。2005年1月に市民参加型植林プロジェクト「Present Tree(プレゼント・ツリー)」立ち上げ(受賞多数)。2005年9月、株式会社 環境ビジネスエージェンシーを設立し、代表取締役に就任。
著書に『環境ビジネスウィメン―11人 成功の原点と輝く生き方』(2005年、日経BP社 小池百合子氏ほか環境ビジネスウィメン・メンバーとの共著)ほか。

manami_yamaguchi_2015.jpg山口 真奈美氏
FEM/Control Union Japan 代表取締役/Ethical Life Advisor

環境や社会に配慮したライフスタイルや、企業活動をよりエシカルに転換することを目指し活動中。 大学院在学中から国際認証の研究の傍ら環境・CSR・教育事業に従事。研究所等を経て2003年FEMを設立、 2006年より国際的な認証機関Control Union(本部オランダ)の日本支部も担い、2009年Control Union Japanを設立、代表取締役に就任。
オーガニックの農業や繊維、森林・フェアトレードなど認証の対象分野は多岐にわたる。

m_sakaguchi_2015.jpg坂口 真生氏
アッシュ・ペー・フランス「rooms」エシカルエリアディレクター/エコプロダクツ展「エシカルランド」ディレクター

高校でアメリカへ渡り、大学卒業後NYCへ。ファッション・音楽業界を経て日本へ帰国し、H.P. FRANCEの一員となる。ショップ、アート事業等の立上げに参画。
2013年よりrooms展示会に新設された「エシカルエリア」のディレクター就任。2014年~2015年、環境新聞にてエシカル月連載記事執筆。日本エシカル推進協議会発起人。

karin_sugiyama_2015.jpg杉山 香林氏
アンジュウシ 代表取締役/サスティナビリティ・プランナー

外資系IT企業や広告代理店、PR会社で、マーケティング・コミュニケーション、および事業戦略、新規事業開発に従事。 2008年株式会社アンジュウシ設立。子どもと地球環境をテーマに、企業のCSR、社会貢献プログラムの企画推進、啓発活動を行う。

i_takemura_2015.jpg竹村 伊央氏
EFJ代表

2002年に渡英し、ファッション系大学院を卒業後、フリーのファッションスタイリストとして活動を開始。2009年にはLondon Fashion Weekのエシカル部門「Estethica」のカタログを担当し、英・エシカルファッションシーンのモード化に貢献。2010年に帰国、2012年にエシカルファッションの情報サイト「Ethical Fashion Japan」を立ち上げた。2015年、エシカルブランドを中心としたPR会社EFJとしてリニューアル。

s_harada_2015.jpg原田 さとみ氏
エシカル・ペネロープ代表/フェアトレード名古屋ネットワーク代表/日本フェアトレード・フォーラム理事

モデルデビュー後、東海圏を中心にタレントとして活動。パリ留学を経て、名古屋にて洋服のお店を経営。その後、エシカル・ペネロープ(株)設立し、名古屋テレビ塔1階にフェアトレード&エシカル・ファッションのセレクトショップ「エシカル・ペネロープ TV TOWER」を経営。環境・人・社会に配慮した"思いやり"のエシカル理念普及とともに、貧困削減・環境保護・地域貢献につながるフェアトレードを推進。名古屋でのフェアトレードタウン運動の取り組みが実り、2015年9月19日名古屋市をフェアトレードタウン認定都市とする。

hitomi_goto_2015.jpg後藤 仁美氏
イラストレーター&デザイナー

1990年、千葉県生まれ。先天性の軟骨無形成症で身長115cm。
自分の体型に合う洋服を作りたく杉野服飾大学に進学。2年時に中退、その後デザイン系の専門学校でイラストを専攻し、卒業後フリーランスのイラストレーターとなる。2015年6月に神楽坂の光鱗亭ギャラリーにて、イラストとファッションの個展を開催。ユニバーサルファッション協会の運営委員、リファッション実行委員を務める。また、ゴミ拾いボランティアのNPO、グリーンバードに所属。
10月に開催された東京コレクション2016SSではtenboのショーモデルを務めるなど、生まれ持った個性を生かし幅広く活動中。

テーマゾーン・企画展示

follow us
  • twitter
  • facebook

トップへ