エコプロダクツ展について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要・開催趣旨

開催概要

 

名 称 エコプロダクツ2014[第16回]

会 期 2014年12月11日[木]~13日[土]10:00~18:00(最終日は17:00まで)

会 場 東京ビッグサイト[東1~6ホール]

主 催 (一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社

後 援

経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、厚生労働省、(一社)日本経済団体連合会、(公社)経済同友会、日本商工会議所、東京商工会議所、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本貿易振興機構(ジェトロ)、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、埼玉県教育委員会、神奈川県教育委員会、千葉県教育委員会(順不同)

協 力

(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会、グリーン購入ネットワーク、(公財)日本環境協会、全国連合小学校長 会、日本私立小学校連合会、全日本中学校長会、全国高等学校長協会、全国国立大学附属学校連盟、全国小中学校環境教育研究会、私立大学環境保全協議会、 (公社)全国工業高等学校長協会、全国商業高等学校長協会、全国農業高等学校長協会、(公財)日本適合性認定協会、(一社)情報通信技術委員会(順不同)

メディア協力

日経BP環境経営フォーラム、日経エコロジー、ecomom、緑のgoo、教育新聞、日本教育新聞(順不同)

入場料 無料(登録制)

来場対象

◎環境ビジネスに携わるビジネスパーソン
(業種)製造業、流通業、建設・不動産、電気・ガス・石油、運輸・物流、情報通信、金融・保険、 農林・水産業、サービス業など
(職種)経営者・役員、経営戦略部門、購買部門、環境管理部門、生産・品質管理部門、研究開発部門、広報・CSR、社会貢献部門、マーケティング部門など
◎自治体・官公庁の環境部門、購買部門、地域振興部門など
◎各業界団体、地域産業・商工団体 など
◎VIP(国会議員、行政トップ、企業の経営者層など)
◎環境NPO・NGO、市民団体
◎学校・教育関係者
◎環境問題に関心の高い生活者(ファミリー、主婦・主夫、学生・児童) ほか

 

開催趣旨

今年3月、日本で初めて開催された国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会では、このままのペースで温室効果ガスの排出が続くと、極端な自然災害や生物種の減少などのリスクが高まるとの指摘がありました。昨年10月、世界各地の気温がこのまま上昇を続け、過去150年間の平均気温には戻らなくなる「クライメート・デパーチャー(気候離脱)」が近い将来起きるという論文が科学誌に発表され話題になったのも記憶に新しいところです。

このように温室効果ガス削減は待ったなしの状況ながら、日本での取り組みはやや後退しているのが現状です。今年は改正省エネ法の施行に加え、新しいエネルギー基本計画も策定されましたが、国際的な責任を踏まえた削減目標を設定するには、産業界と生活者双方の視点からさらに深く議論する必要があります。9月に国連本部で行われた気候変動サミットでは、温室効果ガスの二大排出国である米国と中国が前向きに対策を進めると明らかにしており、わが国の姿勢が問われています。

一方で、地球温暖化に適応した持続可能な社会をつくることも重要な課題です。そのためには、「エネルギー」のほか、「防災」や「住まい」、「食」といった幅広いテーマを同時に考えていくことが不可欠です。こうした課題への取り組みを改めて環境対策に生かすことで、未来へ続くよりよい社会が実現します。

このような中で開催する今年のエコプロダクツ展には、各業界を代表する企業、国内のみならず世界で活躍するNPO・NGO、様々な知見を創造する学術・教育機関、行政・自治体など、多様なステークホルダーが出展します。ビジネスパーソンから環境に高い関心を持つ生活者、そして未来を担う子どもたちまで、幅広い層の人々に向けて情報を発信し、共に考えていきます。

エコプロダクツ展は皆様のご協力をいただき、わが国最大級の環境展示会として定着しました。16年目となる今回も、エネルギーをテーマにした展示ゾーン「エネルギーイノベーション」やビジネスエリアの拡充、災害に負けないエコな住まいとインテリアを提案する「スマート&美防災」、エシカルなど注目のキーワードや、ハッカソンのような参加型の課題解決手法を取り入れた多彩なテーマゾーン、と多くの新たな企画をご用意し、充実した情報空間を目指します。

今回のテーマは「見つけよう! 未来をかえるエコの知恵」。エコプロダクツの会場には、最先端の科学技術から、日常生活でのちょっとした工夫まで、さまざまな「知恵」が集まっています。それらを見つけに、ぜひ足を運んでいただければ幸いです。そして、皆様が参加することで、また新たな知恵が生まれるに違いありません。

環境ビジネスに関心のある方、エコを意識したライフスタイルに興味のある方はもちろん、未来を共に生きるすべての皆様のご来場を心よりお待ちしております。


一般社団法人産業環境管理協会
日本経済新聞社

エコプロダクツ展について

follow us
  • twitter
  • facebook

トップへ