テーマゾーン・企画コーナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「会場装飾の木質化」~地球にやさしい、人にやさしい「木づかい」のススメ~

日本政府による2020年の温室効果ガスの削減目標が3.8%(2005年比)とされ、その4分の3に相当する2.8%を森林による吸収・固定によって達成することとされました。特に、2013年からはじまった国際ルールでは、国産材を使った住宅や家具等での木材利用が温暖化防止対策として認められています。こうしたことから、エコプロダクツ2014では、このような国際的な動向や政府の方針を踏まえて、さまざまな会場装飾の「木質化」等に取り組んでいます。

■連携:国土緑化推進機構 他

企画1 木の装飾でおもてなし
~エントランス・入場登録所・イベントステージの木質化~

●会場エントランスや、入場登録所、イベントステージ等の主な共用部分について、スギ・ヒノキ等の地域材を使って木質化しています。
●これらの装飾は、日本の伝統的な木造建築に馴染みの深い角材を用いたデザインで、世界的な建築家・隈研吾氏が提案した理念を参考にデザインしたものです。
●使用する角材はリユース材で、今後もリユースするとともに、端材もチップにして紙等としてリサイクルします

img_moku01.jpg img_moku02.jpg

企画2 木の温もりでひとやすみ ~お休み処の木質化~

●お休み処等では、木の温もりや香りに癒されながら、来場者にゆったりとお休みいただけるよう、日本の木でつくられた家具や遊具等を配置しています。
●また、「木材利用ポイント事業」のポイント交換対象の家具等も展示されています。
詳しくは、コチラまで。https://mokuzai-points.jp/

img_moku03.jpg img_moku04.jpg img_moku05.jpg

協力:アスプランティック、アンサンブル会、イトーキ、コクヨファニチャー、コロカル(マガジンハウス)、ディノス・セシール、東亜林業、飛騨産業、北海道ポットラック、ワイスワイス

企画3 木と暮らしを考えるシンポジウムやトークショー等も盛りだくさん!

エコプロダクツ2014の開催期間中には、木の良さや木づかいの未来を語るシンポジウムやトークショー、ワークショップが盛りだくさん! さまざまなプログラムに参加してみてください。

テーマゾーン・企画コーナー

follow us
  • twitter
  • facebook

トップへ